5%割引!チェックアウト時にコード GET5 を使用

送料無料 全品送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

よくある質問

私たちに関しては

Favolosoは、2023年初頭に日本に小売店のショールームを開設する予定です。そこでお会いしましょう。 ただし、ほとんどの場合オンラインで運用しているため、間接費を削減し、品質とサービスに専念することができます。これはすべて、地元の宝石店よりもはるかに優れた価値で高品質の製品を受け取ることを意味します。 Favolsoは、すべてのアイテムの送料無料、30日間の返金保証、および無料の返品配送を含む、購入の1回限りの無料リングサイズ変更を提供します。


注文とリングサイズ

はい。安全なチェックアウトプロセスを使用して、ルースダイヤモンド、婚約指輪、またはファインジュエリーを購入できます。


はい。婚約指輪をカスタムデザインすることは、あなたのユニークな個性、つまり美しい愛の表現にぴったりのリングを作成するための素晴らしい方法です。独自の婚約指輪のカスタムデザインの詳細をご覧になるか、このフォームに記入して開始してください。お問い合わせは、24時間年中無休でカスタマーサービスにご連絡ください


ご注文のサポートが必要な場合は、24時間年中無休でご連絡ください


ご注文に関するご質問は、カスタマーサービスに24時間年中無休でお電話いただくか、cservice@favoloso.jpまでメールでお問い合わせください。 ここをクリックすると、オンラインで注文状況を確認できます。注文番号とメールアドレスが必要になります。


ご注文時に無料で発送いたします。パッケージが到着すると、宅配便業者から税金や関税を徴収するための連絡があります。 500ドル以上のご注文の場合、Yamato International Priorityを介して発送され、通常2〜3日から1週間かかります。


リングのサイズは、購入後1年以内に1回無料で変更されます。これには、最初のサイズ変更のための日本国内での送料無料が含まれます。複数のサイズ変更が必要な場合、または初年度以外の場合、ホワイト、イエロー、ローズゴールドのリングのサイズ変更には2500円、プラチナには5000円の料金が適用されます。日本のお客様の場合、返品送料は3000円です。リングの返送は無料ですので、サービスは常に無料です。


サイズ変更プロセス中に、必要な新しいサイズに合わせてサイズを拡大または縮小するために、少量の金属が追加または削除されます。その結果、完成時にリングがわずかに厚くなったり薄くなったりする場合があります。これは小さな違いであり、認識できる場合とできない場合があります。サイズ変更されたリングは、品質保証によって検査され、当社の高い基準が満たされていることと、リングが必要なサイズに適合していることの両方が確認されます。無料のサイズ変更については、リングを当社のオフィスに郵送してください。または、地元に滞在したい場合は、お近くの場所で直接サイズ変更することもできます。


一部のリングはサイズ変更できません。これは、サイズ制限、推奨範囲外、またはデザインスタイルが原因である可能性があります。マイナーなバリエーションが発生する可能性があるため、新しいリングが元のリングと「正確に」見えない場合があることを知っておくことが重要です。リングを受け取り、検査すると、リングの交換料金について話し合うための作業が行われる前に通知されます。


はい、無料で碑文を使ってリングをパーソナライズさせていただきます。


もちろん違います!実際、ダイヤモンドを個別に選択することをお勧めします。これがあなたのジュエリーをユニークなものにしているのです!


いいえ。リングには金属活字(18ktまたはプラチナ)のみが刻印されます。


ウェブサイトに掲載されているすべてのルースダイヤモンド、リング、ジュエリーは、100%返金保証付きで販売されています。私たちのシステムを使用して独自のリングを設計したり、任意のリングにダイヤモンドを取り付けたりしても、リングがカスタムになるわけではありません。カスタムオーダーとは、ウェブサイトに掲載されていないリングのデザインを指します。注意:刻印されたリングのすべての返品には、2500円の再研磨料金が必要です。


ダイヤモンドとジュエリ

証明書は、卸売業者、小売業者、および消費者によって、ダイヤモンドグレーディングレポートまたはダイヤモンドドシエとして知られています。証明書には、ダイヤモンドの正確な寸法、重量、カット、全体的な品質が記載されています。証明書は、ダイヤモンドの個々の特徴を示すために石を識別するための非常に便利なツールです。あなたがルースダイヤモンドを購入しているとき、グレーディングレポートはあなたがあなたにぴったりの石を情報に基づいた決定をするのに役立つことを覚えておいてください。


世界で最も評価の高い、ダイヤモンドとカラーストーンの権威はGIAと呼ばれています。 3〜6人の別々の宝石学者が、正確な最終グレードを得るためにすべてのダイヤモンドを個別に評価し、GIAが評価を受けます。ダイヤモンドの世界全体で、 GIAグレーディングレポート 誠実さの証であると考えられています。 2つの異なるタイプのレポートがGIAによって発行されます。完全に発行されたGIAレポートは、最も一般的なレポートの1つです。ダイヤモンドの完全な説明と、その石のグレード、設定、および透明度の特性のプロットが含まれています。このレポートは通常、1カラット以上のダイヤモンドに使用されます。 1カラット未満のダイヤモンドの場合、2番目のタイプのレポートが使用されます。採点された各ダイヤモンドの詳細については、GIAドシエをご覧ください。ただし、ドシエでは、レーザー碑文登録番号が、レポートに通常表示されるプロットに取って代わりました。登録番号はダイヤモンドのグリドルに刻印されていたため、含まれていることをマッピングせずに石を確認することができます。この方法により、GIAが小さなダイヤモンドに関する完全なレポートを発行するのにかかる時間と費用を節約できました。


GIAがDからZのカラーグレーディングスケールを一般化する前は、あらゆるシステムが大まかに使用されていました。明確な定義のないA、B、Cによる分類、アラビア数字(0、1、2、3)やローマ数字(I、II、III)、「宝石のブルー」、「ブルーホワイト」などの記述的な用語などです。これらは誤解を生むとして、評判が芳しくありませんでした。 そのため、GIAカラースケールの策定者は、以前のシステムとは関連のないものを新たに作成したいと考えました。 そのため、GIAスケールはDから始まります。他のグレーディングシステムに依然として固執する人は非常に少数です。GIAスケールほどの明確さを持ち、一般的に受け入れられているシステムは他にありません。


いいえ。 通常のカラーの範囲外で自然に着色されたダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれています。 FTCは、米国における「ファンシーカラー」という用語使用のためのガイドラインは提供していません。しかし国際貿易における一般的な合意としては、ファンシーカラーダイヤモンドは、黄色または茶色のダイヤモンドでZのマスターストーンよりも色があるもの、または、黄色や茶色以外の色を呈しているものとなっています。


カラースケールの場合と同様、宝石商が「ルーペクリーン」や「ピケ」など、誤解が生じる可能性のある用語を使用していたことから、GIAのクラリティグレーディングシステムが開発されました。今日では、外国でダイヤモンドを買った場合など、宝石商の話す言語がたとえ英語以外(日本語やフランス語など)であっても、VVS1やSI2といった用語が使われるはずです。


小さな結晶は、形成時にダイヤモンド内に閉じ込められることがあります。 結晶が成長するにつれ、原子構造に不規則性が発生することがあります。


パビリオンの深さとはガードルの底部からキューレットまでの長さを指し、 パビリオンの深さが浅すぎる、または深すぎる場合、光が石の側面から逃げたり、下部から漏れたりしてしまいます。 カットの良いダイヤモンドにおいては、より多くの光がクラウンを通過します。


現代のカラットシステムは、イナゴ豆から始まりました。 初期の宝石トレーダーは、天秤の分銅として小さくて均一な豆を使用していました。 カラットは、世界中どこでも同じグラム重量を表します。


0.5カラット、0.75カラット、1カラットなどの重量は 「マジックサイズ」と考えられています。 視覚的には、0.99カラットのダイヤモンドと、1カラットあるものとの間にはほとんど違いがありません。 しかし、両者の価格は大きく異なることがあります。

カテゴリ一覧

ページトップへ